婚活TOP > 全国 > 滋賀県の出会い > 滋賀県の紹介・魅力

滋賀県の紹介・魅力

滋賀県 - 紹介・自慢

琵琶湖の恵み、豊かな自然溢れる滋賀県
滋賀県は、古代から現在まで、中部、東北から京阪神への入口としてとてもにぎやかな町です。交通は便利で、京都、大阪との距離も近く、電車で1時間以内の距離です。琵琶湖へ観光に来る人や、県内に豊富にある温泉を訪れる旅行者が毎年増加しています。
滋賀県の産業は、農業主に稲作が中心で、耕地面積のほとんどを水田が占めています。(2011年の水田率国内第2位)

人口:141人万 (2016年10月1日)
気候:琵琶湖のおかげで他の盆地より夏の暑さと冬の寒さは幾分穏やか (平均気温15.3度)

参照:滋賀県といえば琵琶湖

滋賀県 - 紹介・自慢

「ひこにゃん」で知名度アップ、国宝・彦根城
豊富な自然資源が魅力的な滋賀県は、延暦寺や御上神社、吉姫神社などの寺社仏閣が多く一年を通して多くの観光客が足を運んでいます。
甲賀忍者発祥の地である甲賀エリアには甲賀の里忍術村があり、湖北エリアには現存する歴史的建造物を利用した黒壁スクエアなどもあり、エリアの歩みや魅力を知ることもできます。
そして滋賀と言えばなんと言ってもゆるキャラ「ひこにゃん」の人気で全国的知名度となった「彦根城」。
姫路城、松本城、犬山城とともに国宝に指定されています。

参照:じゃらん

滋賀県 - 紹介・自慢

日本三大和牛知ってますか?
滋賀県の名物と言えば近江牛。近江牛のルーツは但馬産の黒毛和種。三大和牛と呼ばれる松阪牛・神戸牛に比べて肉の繊維や霜降りのきめが細かく、その味わいの最大の特徴は「口の中でとろけるまろやかさ」だと言われます。近江牛の生肉は、常温で脂が溶けてしまうほど柔らかいです。
芳醇な香りとやわらかさをもち、口に入れたとたんに広がるとろけるようなおいしさは、一度食べたら忘れられない味です。

参照:近江牛のうんちく、滋賀・琵琶湖観光情報

滋賀県 - 紹介・自慢

滋賀と言えば日本一の湖“びわ湖”
400万年もの歴史を持つといわれ、淡路島がすっぽり入り込む広大な面積に溜められた豊富な水は、滋賀県だけでなく近畿1,400万人もの人々を支える貴重な水源となっています。
また、湖とその周辺には、1,000 種以上の動植物が生息し、ビワマスやセタシジミなどの固有種も多く見られます。 冬には、たくさんの水鳥が集い、羽を休める場として、夏には、湖上レジャーをはじめ、多くの観光客がやすらぎを求めるリゾートの場として、季節や時間帯によって、実に変化に富んだ眺望と多様な恵みをもたらしてくれています。

参照:滋賀・琵琶湖観光情報

直近で開催される婚活イベントはありません。