婚活TOP > 全国 > 三重県の出会い > 三重県の紹介・魅力

三重県の紹介・魅力

三重県 - 紹介・自慢

東西の架け橋ハイブリット文化が根付く三重県
海、山、川の幸と豊富な自然に恵まれ、記紀より「美し国」と称されてきました。地理的には、関東、関西の文化が綯い交ぜに混合しており、三重県独自のハイブリッドな文化発展をしてきた歴史があります。
三重県の産業は、農業・漁業・工業が盛んであり、また潤沢な観光資源を有する三重県は、江戸時代(御伊勢参り)から現在(F1日本グランプリ、8耐)に至るまで、観光を産業とし成立させています。
人口:1,80人万 (2016年10月1日)
気候:各地域によって気候が様々。太平洋側気候と内陸性気候に分かれる。(平均気温15度)

参照:wikipedia

三重県 - 紹介・自慢

お伊勢参りから遊園地まで、日本屈指の観光スポット
観光資源が豊富な三重県には、F1が開催される鈴鹿サーキットをはじめ忍者発祥の地と言われる伊賀エリアなど魅力あるスポットが数多く存在します。また日本で最も有名なパワースポットとしても人気の高い伊勢神宮には国内外から多くの参拝者が足を運んでいます。また独自のアトラクションで人気の高いナガシマスパーランドや美しい地中海の街並みを再現した、志摩地中海村などレジャースポットも人気で、いろんな三重県を楽しむことができます。

参照:じゃらん

三重県 - 紹介・自慢

日本三大和牛「肉の芸術品」松坂牛
三重県にてグルメを語る上で欠かせないのは、何と言っても松阪牛。日本三大和牛の1つであり、霜降り肉になっているのが特徴です。松坂牛は霜降り主体のブランド牛とは味が違い、キメの細かい霜降りが入っているのでくどくなく、口に入れるととろけて、あくが少なく、旨みが凝縮されています。松坂牛は他の牛肉に比べると融点(脂の溶ける温度)が低いのが特徴で、一般的な和牛は平均25度に対して、松坂牛は平均17度と言われています。
さらにお伊勢参りのお土産に欠かせない「赤福餅」や高級食材伊勢海老も忘れてはいけない三重の名産です。

参照:wikipedia

三重県 - 紹介・自慢

「せめて一生に一度でも…」日本人心のふるさと伊勢神宮
伊勢神宮の正式名称は「神宮」。内宮(皇大神宮)と外宮(豊受大神宮)が有名ですが、実はその他にも大小さまざまな社が伊勢志摩地域に点在し、すべてで125社から成る神社です。125社のうち内宮・外宮と、両宮と関わりの深い14の別宮では20年に1度、隣の敷地にそのままの姿で社殿を建て替えご神体を遷す式年遷宮が行われます。
参拝方法は、外宮、内宮の順に詣でるのが慣わしで、心を静めて純白の御幌がたなびく神前に立ち「2拝・2拍手・1拝」。拍手の後目をとじてしばし祈りす。伊勢神宮では個人的な願い事はせず、日々の暮らしへの感謝をささげましょう。

参照:伊勢志摩観光ナビ

直近で開催される婚活イベントはありません。