婚活TOP > 全国 > 鹿児島県の出会い > 鹿児島県の紹介・魅力

鹿児島県の紹介・魅力

鹿児島県 - 紹介・自慢

日本の伝統や大自然のあるがままの姿が残る鹿児島県
鹿児島県は、九州南部に位置し、主に本土と呼ばれる九州島の部分(薩摩・大隅地方)と離島と呼ばれる薩南諸島(種子島・屋久島地方と奄美地方)に分かれます。全国的にも有名な観光地が多数存在し、世界遺産の屋久島や、種子島宇宙センター、霧島山、桜島などがあり、自然・文化・観光・産業などの面において、豊富な資源を有しています。
鹿児島県の産業は、主にサツマイモやソラマメと言った農産物や、牛、豚、鶏の畜産などの食産業盛んです。その他、特徴的な産業として伝統工芸があり「国指定伝統的工芸品」として、大島紬、川辺仏壇、薩摩焼が指定を受けました。
人口:163人万 (2016年10月1日)
気候:南北の距離が600kmに及ぶため、積雪地域から亜熱帯地域まである。本土は冬は温暖で、夏は日照時間も多いが降水量は多い。(平均気温18.6度)

参照: wikipedia、鹿児島県ホームページ

鹿児島県 - 紹介・自慢

手つかずの自然が息づく日本有数の名所
自然資源豊富な鹿児島県には、まさに自然を利用した観光スポットが数多く存在します。鹿児島のシンボル的存在である桜島は海の中からそびえる火山として世界的にも有名で、国内外からも多くの観光客が足を運んでいます。鹿児島県の天気予報と一緒に降灰予報も出るほど、日常的に火山灰の降灰がありますので、ご注意を。また、点在する離島の中でも、屋久島の白谷雲水峡やヤクスギ、奄美大島のマングローブ林などは、思わず日常を忘れるような、神秘的な自然の美しさを堪能できるため、一度は旅行で訪れてもらいた名所です。

参照: じゃらん

鹿児島県 - 紹介・自慢

独特の料理や食べ方が味わえる食材力グルメ
鹿児島県の名物・名産と聞いて最初に思いつくのは、黒豚ではないでしょうか。「かごしま黒豚」と商標世登録もされている、鹿児島が誇るブランド豚です。豚肉の芸術品とも呼ばれ、肉の筋繊維が細いのが特徴的で、食べた時に歯切れがよく、やわらかです。そんな黒豚を一番美味しくいただけると有名なのが、しゃぶしゃぶ。この調理法が黒豚の旨味を際立たせます。とろけるような味わいをご堪能ください。もう一つ鹿児島のご当地グルメと言えば、さつま揚げ。魚のすり身に酒と調味料を加えて揚げたもので、鹿児島では、「つき揚げ」とも呼ばれ、酒のつまみや正月など様々なシーンで食べられている地元の味です。お土産としてもおすすめしたい一品です。

参照: RETRIP

直近で開催される婚活イベントはありません。