婚活TOP > 全国 > 香川県の出会い > 香川県の紹介・魅力

香川県の紹介・魅力

香川県 - 紹介・自慢

「うどん県」で名を馳せる香川県
香川県は瀬戸内海に面し四国の北東に位置し、全国で最も面積の狭い県です。北部に広がる瀬戸内海には小豆島など多くの島々が点在していて、本州の岡山県とは島々を伝う形で架けられた瀬戸大橋により、道路・鉄路で結ばれています。名産の讃岐うどんを全面にPRし、自ら「うどん県」と名乗り一躍有名となりました。
香川県には建設機械関連、造船関連、自動車部品関連、電気機械関連などの分野で国内トップクラスの企業が中核的企業として存在しており、それらを中心に、金属加工、金型、溶接等の高度な基盤技術を持つ協力企業が多数集積しています。
人口:97人万 (2016年10月1日) 気候:晴天の日が多く雨量が少ないのが特徴です。(平均気温16.3度)

参照:wikipedia、かがわ県企業立地NAVI

香川県 - 紹介・自慢

面積は日本最小でも魅力たっぷり
香川県の観光名所といえばこんぴらさんの愛称で親しまれる「金刀比羅宮」。の神社は全国にある金刀比羅神社・琴平神社・金比羅神社の総本宮で、1,368段もあるとても長く続い石段が特徴です。その他にも、瀬戸内海に浮かぶ小豆島の渓谷・寒霞渓は日本三大渓谷美、日本三大奇勝や日本百景、「21世紀に残したい日本の自然100選」など様々選ばれるほど日本屈指の絶景ポイントです。小豆島のオリーブは高級品で、高級化粧品などにも使用されています。小豆島オリーブ公園は観光スポットとしても有名です。また直島は「アートの島」と呼ばれるほど島全体にアートスポットが点在していて、特に地中美術館は時間によって光が変わり、作品の見え方まで変わると言われ大変な人気を博しています。 参照:Find Travel

香川県 - 紹介・自慢

「うどん」だけじゃない「隠れたグルメ」の宝庫
自ら「うどん県」を名乗る香川県。名物ももちろん「うどん」。麺のしっかりとしたコシが特徴的な讃岐うどんは、今では日本中で愛されています。 でも香川県のグルメはうどんだけじゃありません。「骨付鳥」は、丸亀市発祥の香川のご当地グルメで、鶏の骨付きもも肉をニンニクの効いたスパイスで味付けじっくりと焼き上げる至極の一品。皮はパリパリ、中は肉汁があふれるほどジューシーで一度やみつきになること間違いなしです。さらに香川県の名物のお菓子と言えば「おいり」もち米から作られるおかきの一種で、カラフルに彩られるのが特徴です。ひなあられに似た感触で、甘さは控えめ、ソフトクリームのトッピングなどにも使われ見た目にも美味しい銘菓です。

直近で開催される婚活イベントはありません。