婚活TOP > 全国 > 北海道の出会い > 天塩町 > 天塩町のふるさとニュース一覧 > 相乗りマッチングサービス「notteco」、北海道天塩町でライドシェア(相乗り)サービスの実証実験開始

  • 2017/03/06

北海道天塩町 相乗りマッチングサービス「notteco」、北海道天塩町でライドシェア(相乗り)サービスの実証実験開始

地方にとって、自家用車はほぼなくてはならない交通手段といってよい。

自家用車がないとなると、公共の交通手段に頼らなくてはならないのだが、バス、電車は1時間に1本あればよいほう。乗り継ぎのタイミングが合わなかったり、行きたい場所や自分の家の場所よっては遠回りしたり、なんてこともよくあることだ。

北海道北部に位置する天塩町も、その例外ではない。生活圏である稚内まで約70km離れており、自家用車を利用する場合は約1時間で着いても、現状直通の公共交通手段はないため、バス・電車を乗り継いで2時間以上要してしまう。自家用車がない町民は買い物や通院の際に大変不便である。足腰が弱ったおばあちゃんが病院へ通院するのにも一苦労なのだ。

そんな北海道天塩町と提携を組んだのが、国内最大級の”相乗り”マッチングサービス「notteco(ノッテコ)」を運営する株式会社nottecoだ。公共の交通機関不足が課題となっている天塩町と稚内市をつなぐ新しい移動手段として、日本初の地方都市専用長距離ライドシェアの実証実験を2017年3月12日(日)より行い、2017年夏頃を目処に本格始動しくという。

天塩町ライドシェアサービス

サポート対象となるのは天塩町在住者であり、1月には天塩町民に向けたサービス説明会やテスト施行会が実施され、2月の町民向け説明会には町民70人余りが参加した。実証実験から町民の意見を受け、従来のnottecoのシステム形態を基本としながら、新たに天塩町ライドシェア専門ページの解説や電話窓口を開設。スマートフォンやタブレットPCを持っていない同乗希望の町民でもサービスを利用できるようなサポート体制や代行業務も対応していく。

天塩町ライドシェアサービスのしくみ

町民はドライバー、または同乗者として登録することができる。料金は実際にかかるガソリン代を同乗者が同乗人数で割り勘して負担するので、ドライバーは普段の交通移動の費用を抑えられることができるし、同乗者は公共交通手段に頼らなくても移動先に行くことができる。どちらにとってもメリットがあるサービスだ。

北海道天塩町は人口3200人余りの小さな町。交通手段の不便さはおそらくさまざまな地方自治体が抱えているニーズであることは間違いない。相乗り文化が根付くか根付かないか。今後の天塩町とnottecoの取り組みに注目したい。

全国の新着ふるさとニュース

related news image

栃木県益子町 【婚活パーティーレポート】3/25(土)「益子町お笑い婚活イベント」笑いの絶えない地元愛の詰まったパーティー

4月6日(木)

■女性を送迎バスでお出迎え、風水モテ講座で事前レッスン

JR...

related news image

京都府 【名産・伝統工芸】新たなものづくりが生まれる交流拠点「ファインド クラフト&ワークス京都」がオープン!

3月16日(木)

京都府では、伝統産業の若手職人を育成するため、堀川団地に新たなものづくりが...

related news image

山梨県北杜市 【田舎体験】日本一の“食”と“農”にまつわる体験を決定する 第一回「食農体験グランプリ」開催

3月16日(木)

「Taabel」は、地域独自のフルーツ・野菜の収穫体験や郷土料理体験、民泊...

全国のふるさとニュースをもっと見る